森里海と生きる町

日本には、もともとnatureを意味する自然という言葉はありませんでした。
欧米で生まれたnatureという言葉は、ありのままの自然という意味で、日本で使われる自然という言葉は、 変わり続ける山に、川に、海に、順応し、時には抗い続けた「人間あっての自然」という意味合いを持ちます。

阿武町には、何万年もの長い時間をかけ起状に富んだ大地が形成され、
大地には、森が生まれ、人々が住み始め、里が開かれた歴史があります。
川が流れ、森の滋養を広く川下へ送り届けます。
隆起した海底は豊かな漁場となり豊富な海産物をもたらします。
人々が開墾し、耕した畑からは、季節が育む農産物が採れます。

そんな阿武町でも、森、里、海では、毎年、毎日、毎秒の速さで様々な環境が、生き物が、暮らしが、変わっていきます。

刻一刻と変化し続ける自然環境。

求められるのは、適応する力ではないでしょうか。

阿武町には、都会に住む人たちにとっては少し物足りないかもしれません。
ただ、この地の人々には、環境の 変化に適応し続ける「自然」に生きる力があります。

「未来のために、今を生きる」と、阿武の漁師は言います。

今もなお日本人本来の「自然」感を持ち続けている人々、そんな大地に暮らす人々の生活を垣間見れる場所がここにはあります。

阿武町のキャンプフィールドは、「テロワール×キャンプ」という、キャンプ場という組織を飛び越えて、阿武で 獲れた新鮮な食物、自然に適応したアクティビティを提供する、地域を丸ごと楽しむ新しいキャンプスタイル を提案するキャンプ場です。

さぁ阿武町のキャンプフィールドで、本当の意味での「自然」を体感してみませんか?

ようやく来ましたね、阿武町の入り口に。